街ログ

ロワールワインのABC 2.中央フランス地区

パリの南西、約1000kmに渡ってゆるやかに流れる自然豊かなロワール河。この流域は中世からルネッサンス時代にかけては、フランス宮廷の社交の中心地となり、多くの王侯貴族たちに愛された由緒ある地方です。
白・赤ワインだけでなく、ロゼやスパークリングワインなど多種多様なワインが造られるロワールワイン地方を知ると、自然とワイン全般の知識が身につきます。

講師:元場章人氏
・2006年ロワールワイン ワインアドバイザーコンクール準優勝
・田崎真也ワインサロン 支配人

==========

①中央フランス地区 Centre-Loire
・ロワール河の上流、フランスの中央部にあたる地域。
・白ワインの生産が圧倒的に多いが、上質な赤とロゼワインも造られる。

< 代表的なワイン >
AOCサンセール(Sancerre) 白・赤・ロゼ
AOCプイィ・フュメ(Pouilly-Fumé) 白
*AOC(原産地統制名称):ワインの産地や造り方などを厳しく規定したフランスの法律

< 代表的なぶどう品種 >
ソーヴィニヨン・ブラン Sauvignon Blanc
ピノ・ノワール Pinot Noir

< 相性の良い料理 >
白ワイン:シェーヴル(山羊乳)チーズ、スモークサーモン、シーフードサラダ、生牡蠣、白身魚の天ぷらなど 
ロゼワイン:中国料理、バーベキュー
赤ワイン:鶏の赤ワイン煮

ロワールワインについての詳しい情報は:
http://www.vinsdeloire.fr/ja_JA/
:東京都千代田区丸の内3丁目1-1
:2010-07-07 21:40:23


メディア向け
資料映像提供のお問い合わせ